こちらはスマートフォン専用のページとなります。QRコードを読み取り、スマートフォンからアクセスしてください。
赤い果実の美ら美容液 30ml

赤い果実の美ら美容液 30ml


フェイス用

ネットショップ価格比較

この商品についての情報

商品説明
【内容量】30mg×12個 【使用期限】未開封で3年、開封後は出来る限り早く使い切って下さい。 【使用方法】STEP1、適量(乾燥肌の方は1-3滴、普通肌の方は1滴)を手に取る。※朝、乾燥が気になる場合は赤い果実の美ら化粧水(5プッシュ)と適量(1-2滴)を混ぜると保湿力が上がります。STEP2、手の平全体に美容液を伸ばす。STEP3、お肌の表面に染み込ませるようにゆっくりやさしく抑え込む。※乾燥が気になる部分には重ねてお使いください。 【配合成分】グリセリン、水、BG、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、アセロラエキス、レウコノストック/ダイコン根発酵液、ヒドロキシエチルセルロース、クエン酸Na 【ご使用上の注意】お肌に異常がある時、または異常が現れた場合はご使用をおやめください。乳幼児の手の届かないところに保管してください。目に入らないようにご注意ください。万が一入った場合は、こすらずにすぐ水で洗い流してください。高温・直射日光を避けて保管してください。開封後はできるだけ早くお使いください。天然成分のため、香色調に多少の違いが出る場合がございますが、品質に問題はありません。
【赤い果実の美ら化粧水のこだわり】美肌成分アセロラエキスで美キメ肌:レモン34倍のビタミンCたっぷりのアセロラから抽出した希少なアセロラエキスを配合。アセロラエキスが肌を柔らかくしキメを整え、透き通るシルクのような美しいお肌へと導きます。二つの高潤保湿成分で長時間うるおいキープ:トウモロコシから抽出した天然保湿成分グリコシルトレハロースと加水分解水添デンプンを配合。グリコシルトレハロースと加水分解水添デンプンの二つの高潤保湿により深部(角質層)の隅々まで潤いを閉じ込めて長時間潤いをキープします。透明な潤いヴェールで乾燥をケア:肌の乾燥が気になる季節でも透明な潤いヴェールで肌の水分の蒸発を防いで空気の乾燥やエアコンの風などの乾燥から守ります。
【赤い果実の美ら美容液の特徴:伸びの良い濃厚な美肌エッセンス】とろみのある濃厚な美肌エッセンスは伸びが良く1プッシュで顔全体に伸ばせて素肌の隅々まで美肌エキスを広げることが出来ます。 【赤い果実の美ら美容液の特徴:ミネラル豊富な久米島海洋深層水】すべての化粧品ベースとなるのは水です。海洋深層水は2000年の時を経て地球を巡ってきた海水で豊富なミネラル分がバランスよく含まれているので海洋深層水は肌との馴染みが良く角質層のすみずみまで浸透していきます。 【赤い果実の美ら美容液の特徴:眠っている間に素肌へ潤いチャージ】寝ている間にも肌の水分は蒸発していきます。赤い果実の美ら美容液は寝る前にお使いになると寝ている間に肌へ潤いを補給して翌朝起きた直後からプルプルの肌を実感。 【赤い果実の美ら美容液の特徴:美容液1本で乳液・クリームの代わりに】通常、化粧水を塗った後は潤いを逃さない為に乳液やクリームなどの油分で保護しますが『赤い果実の美ら美容液』は濃厚な潤い成分の透明な膜で肌の水分を逃さずキープします。化粧水の後は美容液のみで済むお手軽スキンケア。
【やんばる彩葉こだわりの素材】沖縄の太陽の下で育まれたビタミンCたっぷりの真っ赤なアセロラ。2年の歳月をかけ誕生した『赤い果実の美らものがたり』があなたの肌を潤します。アセロラエキス:お肌のキメを整え、透き通るようなお肌へと導きます。月桃葉エキス:お肌にハリ、弾力を与えます。アロエベラエキス:紫外線を浴びた後のスキンケア作用。もずくエキス:お肌に潤いを与えます。紅藻エキス:お肌に潤いを与えます。久米島海洋深層水:お肌に潤いを与えます。チューベローズエキス:皮膚の角質を保護して潤いを保ちます。ちむぐくる:「真心」を込めて制作しております。沖縄産の資源をふんだんに使った、無添加、天然の自然派化粧品です。
【沖縄生まれの無添加化粧品】やんばる(沖縄県北部地域)にはビタミンCが豊富なアセロラの産地があります。しかも、そのほとんどが農薬を使用しないで栽培されている、非常にすばらしい環境で育ったアセロラがあることに着目をしました。また、沖縄には他にも多くのの素晴らしい海や山の自然のめぐみがあります。「ぜひ、これらを生かした化粧品は素晴らしいものに違いない!」そんな思いから、沖縄県産アセロラを中心とした自然派化粧品の開発に踏み切りました。そして、二年の歳月を経て完成したのが、「赤い果実の美らものがたり」です。口に入れても全く問題のない自然の恵みをそのまま化粧品に・・・。ぜひ、皆様にも一度お試しいただき、この商品の素晴らしさを実感して頂きたく思っております。
カテゴリー
フェイス用
ブランド名

この記事をお友達にも教えよう!

  • twitterでシェア
  • LINEで送る
  • はてなブックマークでシェア

アイテムカテゴリーから探す

Top of Page