こちらはスマートフォン専用のページとなります。QRコードを読み取り、スマートフォンからアクセスしてください。

ネットショップ価格比較

この商品についての情報

商品説明
呉市仁方町はやすりの産地として日本全国の生産シェアの95%。
年間1,100万本を占め、呉市を代表する産業の一つです。

仁方やすりの起こりは、1824年(文政7年)に、金谷弥助が大阪で
修行したことに始まるといわれています。
当時は、素材作りから目立てまで、全て手加工で行っていました。

明治後半には、目立て機が考案され、その後、電気モーターの導入、
素材作りへの圧延技術等の導入により生産量が大きく伸びました。

戦前のやすりの産地としては、新潟、東京も有名でしたが、戦災に
よる打撃で衰退しました。

戦後は、仁方を中心に技術革新が行われ、高品質のやすりが大量に
生産できるようになり、現在の姿となりました。
カテゴリー
ネイルグッズ
ブランド名

この記事をお友達にも教えよう!

  • twitterでシェア
  • LINEで送る
  • はてなブックマークでシェア

アイテムカテゴリーから探す

Top of Page