こちらはスマートフォン専用のページとなります。QRコードを読み取り、スマートフォンからアクセスしてください。

ネットショップ価格比較

この商品についての情報

商品説明
ムラサキ属Lithospermumとは、ギリシャ語リスト「石」+スペルマ「種」で、ムラサキの岩のように硬い種子を指します。 種小名erythrorhizonは、ギリシャ語エリトロス「赤い」+リザ「根」で、ムラサキの赤紫色の根のことを意味しています。 紫根の基原植物ムラサキ(紫)は、その名の通り根が紫色。というより、紫という草が先であって、紫草のような色ということで、「紫色」という言葉が後からできました。紫の植物名自体は、「群れ咲き」が訛ったものとする説もあります。 紫と冠位十二階 ムラサキは栽培困難なため貴重で、古来より高貴な色とされてきました。聖徳太子の冠位十二階も、最上位の大徳・小徳の冠が紫とされていて、西洋でも紫は王侯貴族が用いていました。 紫は夏の季語として短歌の中では頻繁に登場しています。 あかねさす紫野行き標野行き 野守は見ずや君が袖振る(額田王 巻1-20) 紫草のにほへる妹を憎くあらば 人妻ゆゑに我恋ひめやす(大海人皇子 巻1-21) これは万葉集にある、額田王と大海人皇子の間の紫草をモチーフとした歌です。薬狩りとは、男は鹿の新しい角「袋角」を取り、女は薬草を摘むという、貴族の行楽的要素を持った日。後の菖蒲の節句の起源となります。 この句の「標野」という表現からは、天智天皇の領域である近江の浦生野では、生薬・染料を得るために紫草が栽培され、しかも標識で囲われて護られていたことが示唆されます。 エスクリームはそんなムラサキから生まれた商品です。
カテゴリー
クリーム
ブランド名

この記事をお友達にも教えよう!

  • twitterでシェア
  • LINEで送る
  • はてなブックマークでシェア

アイテムカテゴリーから探す

Top of Page