こちらはスマートフォン専用のページとなります。QRコードを読み取り、スマートフォンからアクセスしてください。
温めると効果が高まる!温りんごでデトックス
2015.04.13 更新

温めると効果が高まる!温りんごでデトックス

女性の悩みである便秘、肌荒れ、冷え。りんごを温めて食べると一気に改善できるって知ってましたか?簡単レシピと食べ方を紹介します。

温りんごの効果

「1個のりんごで医者知らず」といわれるほどりんごには栄養素がたくさん含まれています。

美肌効果と免疫力を高めるビタミンC、むくみに効くカリウム、疲労回復力のあるりんご酸など栄養がたっぷり。

中でもペクチンには腸のなかを掃除して身体にたまった老廃物を排出してくれる作用があります。

加熱すると、このペクチンの効果が高まると言われています。りんごを温めた「温りんご」を食べてでデトックスしましょう!

温りんごのレシピ

切って温めるだけ!簡単にできる温りんごのレシピを2つ紹介します。
 

・皮が付いたままうすくスライスして、電子レンジで温めます。
お好みではちみつ、砂糖、シナモンをかけて。 ヨーグルトやホットティーに入れて食べてもおいしいですよ。

・フライパンにココナッツオイルをしいてスライスしたりんごを焼きます。
モデルのローラが紹介したことで有名になったレシピです。 ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸が代謝をあげてくれてダイエット効果も!

温りんごのレシピ

温めると効果がアップするフルーツ

りんごの他にも、温めると効果がアップするフルーツがあります。

バナナ
整腸作用、抗酸化作用、免疫力向上の効果があるバナナ。
りんごと同様レンジで温めたりフライパンで軽く焼き目がつくまで加熱します。
加熱することで甘さが深くなり更においしくいただけます。


柿に含まれるシルトリンが血行を促進して、むくみや冷えに効果があります。
薄くスライスしてトースターで焼いたり、ハーブティーと混ぜてホットスムージーとして飲むのがおすすめです。

みかん
ビタミンCが豊富です。みかんを温めると、胃腸を整えたり、からだを温める作用が高まるそうです。 風邪のひきはじめにも効果大とのこと。 皮がついたまま焼く「焼きみかん」がおすすめの食べ方です。

温めておいしく、キレイになれるホッとフルーツに挑戦してみては?

 

温めると効果がアップするフルーツ

この記事をお友達にも教えよう!

  • twitterでシェア
  • LINEで送る
  • はてなブックマークでシェア

この記事の関連商品をチェック

この記事を見た人におすすめ

Category Ranking

ハピカナレポ
「サプリメント」ハピ♥ランキング

フォローして最新情報をチェック♪

Top of Page