こちらはスマートフォン専用のページとなります。QRコードを読み取り、スマートフォンからアクセスしてください。
治療は薬や漢方だけじゃない!PMSの辛い症状の緩和方法
2015.03.13 更新

治療は薬や漢方だけじゃない!PMSの辛い症状の緩和方法

月経前にイライラしたり落ち込んだりする月経前症候群、「PMS」。5人に4人の女性が経験するこの悩みの緩和方法を紹介します。

PMSってどんな症状?

女性ホルモンの乱れから起きる月経前症候群(PMS)は、女性の約8割が悩まされていると言われています。
具体的な症状は、「だるさ」「むくみ」「過食」「肌荒れ」といった体の変化から、「情緒不安定」「悲観的」といった精神面での影響が見られます。

PMSってどんな症状?

PMSの緩和~内側からのケア~

PMSの原因の一つとしてあげられるのが「冷え」です。体の中を温める食事や飲み物を心がけましょう。

【食事】
大豆製品を摂りましょう。大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをします。特に納豆は醗酵しているので体内への吸収率が高くなっています。イソフラボンは女性ホルモンが低下した時に、その代わりとして作用してくれます。
ビタミン類では、女性ホルモンの分泌を促し整える作用があるB6とEの摂取がおススメです。魚類やナッツ類に多く含まれます。

【飲み物】
血行を促進する温かい飲み物を。生姜やシナモンなどのスパイスは体を温めます。ホットワインやチャイを飲んで体の芯から温まるのもいいでしょう。また、気分を穏やかにするハーブティーやホットミルクもおススメです。

PMSの緩和~外側からのケア~

冷えを取り除くと、内臓や自律神経の働きが良くなります。カイロを腰に貼って血のめぐりを良くしたり、靴下の重ね履きで足元を温めるのも効果的!体を外側から温めることは、月経痛の軽減にもつながります。

冷え取り対策は月経がはじまる1週間前から始めるのが良いでしょう。

PMSの緩和~外側からのケア~

PMSの緩和~睡眠とリラックス~

睡眠をとること、リラックスできる趣味の時間を確保することもPMSの緩和につながります。毎日の入浴で体を温めることも大切です。規則正しい生活をすることによって、ホルモンバランスが整いやすくなりますよ。

どうしても症状が軽減せず辛い場合は、迷わず専門家へ受診を!辛い症状を少しでも楽にして快適に過ごせるようにしたいですね。

この記事をお友達にも教えよう!

  • twitterでシェア
  • LINEで送る
  • はてなブックマークでシェア

この記事の関連商品をチェック

この記事を見た人におすすめ

Category Ranking

ハピカナレポ
「ボディケア」ハピ♥ランキング

フォローして最新情報をチェック♪

Top of Page