こちらはスマートフォン専用のページとなります。QRコードを読み取り、スマートフォンからアクセスしてください。
フタだけじゃない!美肌の鍵おススメ乳液の選び方・使い方
2015.03.23 更新

フタだけじゃない!美肌の鍵おススメ乳液の選び方・使い方

乳液は化粧水を肌に閉じ込めるための「ふた」とよく言われます。乳液の役割と肌タイプ別のおススメ、その使い方を紹介します。

乳液の役割

みなさんは洗顔後のスキンケアで乳液を使っていますか?ベタつきが苦手で使わない方もいるのではないでしょうか。
肌がベタつくのは、水分不足によって皮脂分泌が活発になるためです。しっかりと保湿をしないと、過剰に皮脂を分泌するという悪循環をまねいてしまうことも!
乳液は化粧水で補った水分を閉じ込める「ふた」の役割だけではなく、肌に必要な栄養分を与え保湿をする働きもしてくれるのです。

乳液の役割

乳液の使い方

乳液を肌になじませるときは、ゴシゴシこすらずに内側から外側にやさしく円を描くように広げていきます。肌のたるみが気になる方は、上にゆっくりと持ち上げるイメージで!
顔全体に乳液が行き渡ったら、両手のひらで顔全体をプレスして浸透させます。温かい手のひらで、乳液の成分を肌の奥に届けるようにしてくださいね!

肌タイプ別おススメ乳液

【オイリー肌の方】
ベタつきやテカりが気になって乳液を避けてしまいがちですね。
過剰な皮脂分泌を抑えるために、水分量が多い乳液がおススメです。ミルク状やゲル状の乳液は、肌になじみやすく軽めのテクスチャーが特徴。水分と必要な油分をバランスよく浸透させるのにピッタリ!
抗酸化作用のあるアスタキサンチンやビタミンC入りの乳液なら、過剰な皮脂による肌老化や毛穴の黒ずみを防ぎます。

【乾燥肌の方】
乾燥しているからといって油分たっぷりのものを使っていませんか?乾燥で失われた水分を補ってくれる成分が入ったものを取り入れてみてはいかがでしょうか。 水分量をアップさせて肌バリア機能を高める「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」配合の乳液がおススメです。潤うだけでなく、アンチエイジング効果も期待できます。

【混合肌の方】
Tゾーンやあごはテカりやすいのに、頬や目元、口元が乾燥しがちな混合肌の方は乾燥肌の方と同じ保湿力がある乳液をメインに。そして、皮脂分泌が過剰になっている部分には、酸化を防ぐためビタミンCが入った乳液がおススメです。皮脂の詰まりやサビつきを抑えます。乳液はベタつきが気になる方にも、乾燥が気になる方にも大事なスキンケアアイテムです。

乳液を有効活用して、肌のコンディションをよりアップさせましょう。

肌タイプ別おススメ乳液

この記事をお友達にも教えよう!

  • twitterでシェア
  • LINEで送る
  • はてなブックマークでシェア

この記事の関連商品をチェック

この記事を見た人におすすめ

Category Ranking

ハピカナレポ
「スキンケア」ハピ♥ランキング

フォローして最新情報をチェック♪

Top of Page