こちらはスマートフォン専用のページとなります。QRコードを読み取り、スマートフォンからアクセスしてください。
美肌になれる!アイテム別 おすすめ人気クレンジング
2015.03.19 更新

美肌になれる!アイテム別 おすすめ人気クレンジング

クレンジングにはオイル、クリーム、ミルク、リキッド、ジェルなど色んな種類がありますね。それぞれの特長や向いている肌質、正しい使い方を紹介します。

オイルタイプのクレンジングは洗浄力が強み

【特徴】
ウォータープルーフのマスカラなどしっかりメイクを落とす洗浄力の高さがあります。

【おすすめの肌質】
すべての肌の方におすすめですが、特にオイリー肌の方におすすめです。
毛穴に詰まった角栓や汚れを溶かして浮き上がらせてくれるので肌の汚れが気になる方に良いでしょう。

【こんな使い方に注意!】
メイクをクレンジングオイルになじませてから、長時間こすらないようにしましょう。オイルになじんだメイクの汚れが顔全体に広がってしまいます。洗浄力が高いので肌に必要な皮脂まで落としてしまうことも。

オイルクレンジングは乾燥しやすいと言われがちですが、美容成分を多く含んだ高機能クレンジングオイルもあるので試してみては?

乾燥肌におススメ!クリームタイプのクレンジング

【特長】
クレンジング剤の中では1番テクスチャーが重たいです。
肌の上でなじませているうちに、メイクと不要な角質がクリームの中に溶けていきます。
保湿重視のしっとりタイプが多く見られます。

【おすすめの肌質】
乾燥肌の方・肌の潤いを残したい方に向いています。
古くなった角質を落とし、ターンオーバーを促進したい方にもおすすめです。

【こんな使い方に注意!】
クリームが冷たいまま肌の上にのせないようにしましょう。クリームが硬いからといって、力を入れてこすらないように注意!
手のひらで温めたり、浴槽に浸かりながら使うとクリームが肌になじみやわらかくなります。

洗浄力が強いものから、弱いものまであるので洗い上がりの好みで決めると良いですね。

 

乾燥肌におススメ!クリームタイプのクレンジング

ナチュラルメイクにはミルクタイプのクレンジングを

【特長】
やわらかなテクスチャーで肌表面をなでながら、メイクとなじませ、ぬるま湯を少しずつ混ぜて乳化させながらすすぎます。
肌への負担が少ない分、洗浄力は弱いものが多いです。
目元やリップなどは、ポイントメイク落としで事前にオフしておくといいですね。

【おすすめの肌質】
敏感肌、乾燥肌の方や普段のメイクが薄い方、年齢肌の方におすすめです。

リキッド・ジェルタイプのクレンジングで摩擦を押さえる!

【特徴】
水ベースで肌にやさしいローションが含まれているものが多く、肌表面をするする滑ります。やわらかな手触りで摩擦を少なくおさえられるので、肌への刺激を抑えることができます。
リキッドはコットンにふくませて拭き取るだけのローションタイプもあります。
ジェルは肌になじませてから、ぬるま湯で乳化させながらすすぐタイプが多いです。

【おすすめの肌質】
肌が弱く、摩擦による刺激を抑えたい方に。
ミルクやクリームタイプよりも洗い上がりはサッパリしているのでしっとり感が苦手な方にもおすすめです。


洗い上がりや肌のタイプにあわせて上手にクレンジングを使い分けましょう!

リキッド・ジェルタイプのクレンジングで摩擦を押さえる!

この記事をお友達にも教えよう!

  • twitterでシェア
  • LINEで送る
  • はてなブックマークでシェア

この記事の関連商品をチェック

この記事を見た人におすすめ

Category Ranking

ハピカナレポ
「スキンケア」ハピ♥ランキング

フォローして最新情報をチェック♪

Top of Page