こちらはスマートフォン専用のページとなります。QRコードを読み取り、スマートフォンからアクセスしてください。
ニキビ跡やシミをカバー!トラブル別!ベースメイク方法
2015.03.23 更新

ニキビ跡やシミをカバー!トラブル別!ベースメイク方法

お肌のシミ・くすみ・ムラ。ファンデーションの厚塗りでごまかしていませんか?
お悩み別に、使うと効果的なアイテムとカバー方法を紹介します。

大きなシミ・ソバカス・くすみのカバー方法

肌トラブルによってそれぞれのカバー方法があります。
悩みに合わせてベースメイクを見直してみましょう。

【大きなシミ・ソバカス・くすみ・色むら】
範囲が広いシミやソバカスなどは顔全体が暗く見えないよう、肌色をトーンアップさせましょう。

使用アイテム
・コンシーラー(スティックまたはパレット) ファンデーションと同色か少し暗い色がベター
・カラーコントロール くすみ色になじみやすいオレンジ系、パールが入っているとさらに素肌感UP

コンシーラーで気になる部分をぼやかしたら、上からリキッドまたはクリーム状のカラーコントロールで肌色を調整します。
顔全体につけると浮いてしまうので、中心部をメインに少量ずつなじませます。
そして、いつものファンデーション+フェイスパウダーで仕上げましょう。

大きなシミ・ソバカス・くすみのカバー方法

ニキビ跡や小さなシミのカバー方法

【小さなシミ】
小さくても見逃せないシミ。傷やニキビ跡の色素沈着も同じようにカバーしましょう!

使用アイテム
・コンシーラー(スティックやペンシルタイプ) ファンデーションと同色か少し暗い色がベター
・カバー力のあるファンデーション(リキッドまたはクリームがおすすめ)でも代用可能

気になる部分にピンポイントでコンシーラーをのせましょう。指先でもOKですが、広がりを防ぐため筆が便利です。
シミを覆い隠そうとするとヨレや崩れの原因になるので、少量をポンポンとのせて余計な油分と水分でテカついていないことを確認します。
ファンデで上からフタをするように色味を整えます。このとき、こすらないようにそっと押さえるのがポイントです。

ヨレない、バレない、シワ隠し方法

【シワ】
シワの大敵はメイクのヨレと乾燥です。 メイクがヨレるとシワのすき間が目立ちます。
細かいシワは乾燥によって大量発生します。 ヨレてもバレない+保湿力あり+手直し簡単な方法で隠しましょう。

使用アイテム
・ハイライト効果のあるコンシーラー(ゆるめのテクスチャー)
・明るい色の保湿系下地クリームでも代用可能
シワが気になる部分はスキンケア時にしっかりと保湿をしておきます。
ただし、クリームなど油分をたっぷりつけてしまうとメイク崩れの原因になるので、ファンデスポンジやティッシュで表面を軽くおさえてくださいね。
ハイライト効果のあるコンシーラーをシワに沿ってのせたら、指で軽く肌になじませます。 シワを光りで飛ばすことができますよ。

ヨレない、バレない、シワ隠し方法

この記事をお友達にも教えよう!

  • twitterでシェア
  • LINEで送る
  • はてなブックマークでシェア

この記事の関連商品をチェック

この記事を見た人におすすめ

Category Ranking

ハピカナレポ
「ベースメイク」ハピ♥ランキング

フォローして最新情報をチェック♪

Top of Page