こちらはスマートフォン専用のページとなります。QRコードを読み取り、スマートフォンからアクセスしてください。
ツヤ髪への近道は洗い方にあり!正しいシャンプーのやり方とヘッドスパを実践しよう!
2016.02.19 更新

ツヤ髪への近道は洗い方にあり!正しいシャンプーのやり方とヘッドスパを実践しよう!

「毎日髪の毛を洗っているのに、汚れが落ちてない気がする」ということはありませんか?そんな人はシャンプー選びや、頭皮&髪の洗い方が間違っている可能性大です!!でも大丈夫。シャンプーの基本プロセスを根本から見直していけば、頭皮の汚れもスッキリ取れてアジアンビューティーな髪の毛をGETできますよ!まずはシャンプーの基本知識と正しいシャンプー方法、自宅で簡単にできるヘッドスパ方法を紹介します。

シャンプーの役割は「頭皮を洗う」

シャンプー本来の意味と現在のシャンプー事情

出典:botanistofficial.com

シャンプーの語源はヒンズー語で「マッサージをして頭皮や髪を清潔に保つ」という意味があります。

市販のシャンプーは髪の毛にツヤを出すものやダメージ修復など、主に髪のケアを謳ったものばかりですが、本来のシャンプーの役割は全く別物!!もちろん、シャンプーには髪のケアをしてくれる効果もありますが、頭皮をキレイにすることが本来の目的です。

毎日のシャンプーで、頭皮ではなく髪の毛を念入りに洗っていた人は、もう一度自分のシャンプーのやり方を見直してみましょう。

頭皮の汚れを落とすにはシリコンとノンシリコンどっちが最適?

シリコンとノンシリコンシャンプーのメリット&デメリット

出典:josei-bigaku.jp

最近では、ノンシリコンのシャンプーも多く販売されるようになってきましたが、みなさんはシリコンとノンシリコン、それぞれのメリットやデメリットを知っていますか?

一時期は「シリコンは頭皮によくない」と言われることもありましたが、全くそんなことはありません。「あまりシリコンについて知らなかった」という人は、もう一度それぞれのメリットとデメリットを確認しておきましょう!!
 

シリコンシャンプー

【メリット】

・髪を補修してくれる。
・熱に強く、化学変化を起こさないので安心。
・髪をコーティングしてくれるのでツヤ出しになり、熱や紫外線などの外部刺激から守ってくれる。
・洗浄力が強く洗い上がりがさっぱりとしている。
 

【デメリット】

・カラーやパーマなどの薬剤が浸透しにくくなる。
・すすぎが甘いと、頭皮に残って薄毛や抜け毛などの原因になってしまう可能性がある。
・安全性は高いが化学合成物質が含まれているので、自然のものにこだわる人には不向き。
 

ノンシリコンシャンプー

【メリット】

・カラーやパーマなどの薬剤がちゃんと浸透する。
・シリコンを使わないので頭皮を健康に保つことができる。
・髪の毛をシリコンでコーティングしないため、髪にボリュームを持たせたり自然に仕上げたいときに効果的。
・アミノ酸系シャンプーから作られているので頭皮に優しい。
 

【デメリット】

・シリコンによるコーティングがないので、髪がダメージを受けやすい。
・髪がキシむ。
・アイロンやコテなどをあてると、すぐ髪が痛む。

シリコンシャンプーは髪をコーティングして外部刺激から守ってくれるというメリットがある一方で、化学合成物質が含まれているため、すすぎが甘いとそれが毛穴に詰まり頭皮トラブルの原因となってしまいます。もちろんしっかり洗い流せている人は、心配しなくてOKですよ!
また洗浄力もノンシリコンより強いので、お肌が弱い人はシリコンシャンプーは控えたほうがいいかもしれません。

頭皮や髪の健康を保つ上で自分に合ったものを選ぶことはとても大切なことです。自分の髪質やそれぞれのメリット、デメリットを考え、自分にあったシャンプーを選びましょう。

正しいシャンプーのやり方

プロが実践するシャンプー方法

出典:josei-bigaku.jp

ヘアケアガイド田村マナ先生の正しいシャンプー方法について紹介します。この機会に毎日自分が行っているシャンプーのやり方を見直してみてくださいね。

【正しいシャンプーの手順】

その1▼
シャンプー前に、一度髪をブラッシングしましょう。髪にブラシを通しておくことで、頭皮の角質を浮かせたり、血行を促進してくれる効果があるそうです。

その2▼
38度くらいのぬるま湯で、頭皮と髪をしっかり予備洗いしておきましょう。このとき、手のひらでお湯をためてパシャパシャと洗うと効率よく頭皮を洗えますよ!

その3▼
予備洗いが終わったら次はシャンプーです。シャンプーを適量手に取ったら、同じくらいの量のぬるま湯を加えて少し薄めるのがコツです。そのあと、5、6カ所にわけて頭皮に直接シャンプーをつけていきましょう。

その4▼
シャンプーをまんべんなく頭につけたら、指の腹を使って頭皮を優しくマッサージするように洗っていきます。
【ポイント】
力を入れずに小刻みに指を動かして、下から上に洗っていきましょう!

その5▼
そのまま洗い流さずに、次は頭皮をつかんでもみほぐすように洗っていきます。
【ポイント】
頭皮と指を密着させて、こすらないように洗っていきます。地肌をつかんで動かしながら毛穴の汚れを絞り出すイメージで行いましょう。

その6▼
すすぎはしっかり行います。一通り髪のぬめりがなくなったら、予備洗いで行ったように、手にぬるま湯をためてパシャパシャと洗っていきましょう。

自宅で簡単!椿オイルを使ったヘッドスパ

ヘッドスパで頭皮毛穴をおそうじ

毎日お風呂で髪の毛を洗っていても、たまには美容室に行ってヘッドスパで頭皮の毛穴をスッキリさせたいですよね。でも「時間的にも経済的にも余裕がない!」という人には、おうちで簡単にできちゃうヘッドスパがオススメです。アロマテラピーガイド・田中和恵先生の、椿オイルを使ったヘッドスパで頭皮から健康になる方法を紹介します。
 

オイル×蒸しタオルでヘッドスパ

【用意するもの】

・椿オイル 豆粒1~2つ分くらいの量
・水の入ったスプレー
・タオル(電子レンジで1~2分温めたもの)
・ラップ

【手順】

その1▼
水の入ったスプレーボトルで髪全体を濡らしておきます。全体がしっとりするくらいが目安です。

その2▼
豆粒1~2つ分くらいの椿オイルを軽く手になじませ、手櫛で髪をとかすように毛の根元を中心につけていきます。
【ポイント】
指の腹を使うとつけやすいです。

その3▼
タオルを湿らせ、電子レンジで1~2分温めたホットタオルを髪全体に巻きつけ、ターバンのように覆っていきましょう。

その4▼
髪全体を覆ったタオルの上から、さらにラップを巻き、30分待ちます。

その5▼
30分経ったら、2回シャンプーをして余分なオイルを流しましょう。
 

頭皮マッサージでヘッドスパ

【用意するもの】

・椿オイル 豆粒1~2つ分くらいの量

【手順】

その1▼
豆粒1~2つ分くらいの椿オイルを指全体になじませ、指の腹を使って円を描くようにしながら、頭皮全体にオイルを馴染ませていきます。

その2▼
親指で円を描くように、こめかみから耳の横をマッサージしていきましょう。

その3▼
図のように、指を組んで指先でギザギザを描きながら頭頂部から後頭部に向かって指を滑らせましょう。

出典:tree.threecosmetics.com

その4▼
首の後ろのうなじ部分の窪みに、親指~母指球(下の図)を滑らせて、母指球で3秒長押しします。3秒を3セット繰り返しましょう。

出典:asuka-sinkyu.com

その5▼
仕上げに、図のように頭部全体を手のひらで優しく圧迫していきましょう。

出典:www.lute-lute.net
 

正しいシャンプーで頭皮を清潔に保って、スペシャルケアでヘッドスパを行えばツヤツヤの美髪が手に入りますよ。自宅でヘッドスパができちゃうなら、美容院代の節約にもなりますね!!ぜひ試してみてください♥

この記事をお友達にも教えよう!

  • twitterでシェア
  • LINEで送る
  • はてなブックマークでシェア

この記事の関連商品をチェック

この記事を見た人におすすめ

Category Ranking

ハピカナレポ
「ヘアスタイル」ハピ♥ランキング

フォローして最新情報をチェック♪

Top of Page