こちらはスマートフォン専用のページとなります。QRコードを読み取り、スマートフォンからアクセスしてください。
プロに教わる!毎日使うシャンプーの正しい使い方とおすすめアイテムとは?
2015.12.09 更新

プロに教わる!毎日使うシャンプーの正しい使い方とおすすめアイテムとは?

シャンプーは毎日使う、髪の質や清潔感を保つためには必要不可欠なものですよね。しかし、シャンプーの正しい知識を持っている方は少ないかもしれません。そのため、今回はプロのお医者様の意見を参考に、シャンプーの超基本知識をおさらいします。

シャンプーって本当に必要なの?その役割って何?

出典:http://weheartit.com
 

シャンプーの役割~髪を洗う~

その日一日を通して、髪に付着したホコリや汚れを洗い流すことがまずあげられます。
シャンプーの「髪を洗う」という役割があるので、ゴミやホコリはもちろん、ヘアワックスなどの整髪料に代表される不純物も洗い流すことも含まれます。
 

シャンプーの役割~頭皮の皮脂を洗う~

西麻布ヒフ・形成外科の院長である藤井佳苗先生が監修された記事内では、次のように述べられています。
 

髪の毛に隠れているため、普段はほとんど見る機会がありませんが、実は人間の頭皮には、顔のTゾーンの3倍もの皮脂腺が存在しているのです。

出典:http://www.skincare-univ.com/

シャンプーはこの皮脂を洗い流す役割があるのです。

毎日大量の皮脂が頭皮が出ているので、洗うことなく放っておいてしまうと、毛穴に皮脂がつまり、肌トラブルを起こしかねません。
シャンプーを使って毎日頭皮の皮脂を洗い流すことで、健康で清潔な頭皮や髪の毛の状態を保つことができます。

こんな洗い方は間違い!正しいシャンプーの使い方

出典:http://weheartit.com
 

傷ついたり弱ったりした頭皮は、髪の毛を支えられなくなるため、薄毛や抜け毛の原因となります。また、髪の毛を美しく保つためには、頭皮の隅々まで栄養が行き渡っている必要があるのですが、頭皮が弱ることでその働きがにぶると、栄養が行き渡らなくなった髪の毛はハリやコシがなくなり、ぱさつきやすくなったり、切れ毛や枝毛の原因になるのです。シャンプーは極力、頭皮に負担をかけない方法で行いましょう。

出典:http://www.skincare-univ.com/

藤井先生の監修記事にあるように、実は髪の洗い方は頭皮のケアにはとても大事なステップなのです!
しかしながら、自己流の間違った方法で髪の毛を洗ってしまい、知らず知らずのうちに頭皮を傷つけている方が多いとか!
まずは下の間違いな洗い方を見て、自分の洗い方を振り返ってみてください!
 

レッドカード!こんな洗い方は間違い

・熱いお湯で洗う。
・爪をたててごしごし洗う。
・たくさんシャンプーを出して洗う。
・シャンプーを直接頭皮につけて洗う。

ひとつでも当てはまった方は改善が必要です!一緒に正しいの髪の毛の洗い方をおさらいしていきましょう。
 

正しい頭皮の洗い方のポイント

ポイント①
シャンプーで洗う前に、髪の毛をブラッシングし、お湯で髪をしっかりと洗うことを忘れないようにしましょう。
藤井先生の監修記事によると「ブラッシング+お湯で洗うことで髪の毛についた汚れを半分ほど落とす効果がある」のだそうです。

ポイント②
シャンプーは手に出して水を足し、泡立ててから、頭皮へつけます。
原液のまま頭皮を洗うと、シャンプーの効果は半減します。実は指で汚れを落とすのあって、シャンプー自体ではありません!指や爪で頭皮を傷つけないよう、優しい泡が必要なのです。

ポイント③
使う指は4本!爪はNG!
頭を洗う際に使う指は親指以外の4本です。爪をたてず、指の腹で上下に洗っていくイメージです。

ポイント④
ぬるめのお湯で流す!
熱いお湯で流した方が洗った感があるという方もいらっしゃるかもしれませんが、頭皮への刺激が少ない、ぬるめのお湯の方で洗い流すほうが断然髪にはやさしいです。

ノンシリコン?弱酸性?正しいシャンプーの選び方とは

出典:http://weheartit.com/


最近話題になっている「ノンシリコン」のシャンプーですが、実は「絶対に良い」とは言い難いものであることは知っていましたか?

様々な種類のシャンプーが発売されている中、キレイで健康的な美髪・そして頭皮を保つ一番の秘訣は「自分にあったシャンプーを選ぶこと」。 これから、専門家による肌のタイプに沿ったシャンプーの選び方を紹介します。
 

肌タイプ別シャンプーの選び方

広尾プライム皮膚の医師である谷口由紀先生監修の記事によれば「人の頭皮の肌タイプは主に3つに分かれる」そうです。
それが、「オイリータイプ」「乾燥タイプ」「ノーマルタイプ」 だとか。

【オイリータイプ】

オイリータイプの方は、シャンプー後1~2日で髪がべたついてしまう方のことを指します。これは、皮脂の分泌量が多いことが原因です。皮脂の分泌を抑えるオイリーケアのシャンプーも売られていますが、石鹸系のシャンプーなど洗浄力が強いシャンプーを試してみるとよいかもしれません。

【乾燥タイプ】

乾燥しやすく、フケが出やすい方を指す乾燥タイプ。皮脂が少ないので脂っぽくはならないのですが、髪が傷み切れ毛になりやすいです。 そのため、アミノ酸系や天然素材の植物系シャンプーを選ぶことをおすすめします。さらに、乾燥がひどい場合はオイル入りシャンプーも使ってみてください。

【ノーマルタイプ】

基本的に健康的な頭皮の状態を示します。シャンプーの後、リンスやコンディショナーなどをつけなくても、1週間ほどは髪が脂っぽくならず、枝毛もできにくいタイプです。 そのため、シャンプー選びにこだわりを持つ必要性は高くありませんが、洗いあがりの優しいアミノ酸系や天然素材の植物系シャンプーがおすすめです。

 

悩み別シャンプーの選び方

フケ、こしやはりがないなど、髪の毛の問題は常につきまといますよね?そのような問題にきっちり対処するのも、実はシャンプー選びにヒントがあります。

【フケ・かゆみ】

オイリータイプのかたでフケ・かゆみに悩んでいる方は「医薬部外品の薬用シャンプー」を選ぶことをおすすめします。
これは全タイプの方に当てはまることのなのですが、洗浄力の高い「石油由来の界面活性剤」を含むシャンプーでは、頭皮が無駄に刺激されてフケ・かゆみの症状に発展する可能性があるので注意してください。

【ダメージヘア】

ダメージヘアが気になる方は、「シリコン」が入ったシャンプーを選んでみてください。
シリコンは、髪の表面をコーティングして、手触りがよく強い髪を作ることができるのです。「シリコンが危険物質である」といわれることがありますが、それは体内に入ったときのみです。 頭皮などに使う場合は全く問題ありません。

シリコンオイルは、豆腐の剥離剤として使われているほどですから、それ自体は無害なものです。シャンプーに配合されていても髪をなめらかにするだけですし、洗浄剤で落としやすい安定した成分といえるでしょう。 シリコンが入っていなくても、他の有害な成分が入っていればそちらのほうが問題です。

出典:http://www.skincare-univ.com/

監修された記事内で新垣実先生も仰っているので、むやみにシリコンを毛嫌いする必要はありません。 状況に合わせてシャンプー選びを意識することが大事なのです。

【抜け毛】

産後など女性は突発的な抜け毛に困るケースがあります。抜け毛が気になっている方にありがちなのが、少量のシャンプーで、頭皮を刺激しないように、洗ったか分からない程度に洗髪するという方法。
これは間違いです。正しいシャンプーを選んで正しい方法で髪を洗うことが抜け毛を防ぐ一番の近道なのです!
谷口由紀先生の監修記事の中では、シャンプーに含まれる「界面活性剤」がシャンプー選びの肝になるとのことです。

頭皮に優し「アミノ酸系シャンプー」がオススメです。アミノ酸は地肌と同じタンパク質でできているので、育毛に必要なタンパク質を補ってあげることで効果を発揮します。

出典:http://www.skincare-univ.com/  


【カラーリング後の色落ち】

せっかく染めたなのにすぐに色落ちして、残念!という経験、一度はある方多いですよね。 カラーリングを長く保つ秘訣も、実はシャンプーにあります。 シャンプーの中には退色防止剤が入っているタイプもあるので、こだわりや強い方はそれを使って見るとよいでしょう。
「特別なシャンプーはいつものとは別に....」という方は、是非洗浄力の弱い低刺激のシャンプーやアミノ酸系シャンプーを選んでみてください。カラーリングしたあとの髪はアルカリ性なので、酸性または弱酸性のシャンプーでキューティクルを閉じ込めるという、科学的な理由もあるのです。

おすすめの人気シャンプー

■Honeyce'(ハニーチェ) ジューシーSPAシャンプー

ノンシリコンシャンプーで最近女子の中で話題のハニーチェのシャンプー。パケ買いするほどかわいい見た目ですが、髪のつるんつるんで、個人的にも大好きな香りのシャンプーです。使っているだけで、ガーリーな気分になりますね!

510ml/972円(税込)

 

■Natvra(ナチュラ)シャンプー

弱酸性で頭皮にやさしいナチュラのシャンプー。植物由来で、抜け毛など髪への刺激を抑えたい人におすすめです。

500ml/972円(税込)

 

■ベーネプレミアム バーユリア オイルシャンプー

リッチな馬の油をつかったオイルシャンプー。乾燥タイプの頭皮の方におすすめです!髪のハリやこしなどに悩んでいませんか?髪が元気になるオイルシャンプーの決定版。

530ml/972円(税込)

 

シャンプーは自分の肌質や用途にあわせて選ぶこと、そして正しく洗う方が大切です!今日から改善できることばかりなので、是非見直してみてくださいね。

この記事をお友達にも教えよう!

  • twitterでシェア
  • LINEで送る
  • はてなブックマークでシェア

この記事の関連商品をチェック

この記事を見た人におすすめ

Category Ranking

ハピカナレポ
「ヘアスタイル」ハピ♥ランキング

フォローして最新情報をチェック♪

Top of Page