こちらはスマートフォン専用のページとなります。QRコードを読み取り、スマートフォンからアクセスしてください。
UVケアは男性も必須!肌年齢マイナス20歳の美肌を維持する方法
2015.06.08 更新

UVケアは男性も必須!肌年齢マイナス20歳の美肌を維持する方法

女性は当たり前のように年間を通してUV対策をしている人が多いです。じゃあ男性は?日差しの強い時間に外回をすることが多かったり、日焼け止めを塗る習慣が少ない男性は女性より紫外線を浴びる機会が多いです。男性こそ必要なUVケアの最新事情を紹介します。

シミ・シワ・たるみ抜け毛の原因に!男性にこそUVケアが必要な理由

日焼け止めは女性のものだと思っている方は少なくないかもしれません。
実際は、UVケア効果がある化粧をする習慣がないので男性こそ日焼けをしやすいんです。
さらに、毎日の髭剃りで肌表面を傷つけているため、紫外線や大気汚染などの刺激を受けやすくなっています。

ダメージを受けた肌は自らを保護する機能が低下し、もともと持っている水分が蒸発してしまいシミ・シワ・たるみの原因になります。

それだけではなく、仕事中の外回りや屋外レジャーで直射日光に当たると頭皮ダメージによる抜け毛が引き起こされます。

ズボラ男子にもおススメ!お手軽日焼け止めアイテム

肌を守るためには男女問わずUVケアが必要です。日焼け止めを使い慣れていない、日焼け止めクリームを塗るのはベタベタして気持ち悪い!という方におすすめなのがスプレータイプの日焼け止めです。

頭から顔全体にシューっと吹きかけるだけなのでほんの数秒で済みますし、手がベタつかないので使いやすいんです。

もちろん半袖を着ているときは腕にも。
時計焼けする手首と日差しを浴びやすい首の後ろもお忘れなく!


男前はみんなやってる!スキンケアと日焼け止め

程よく日焼けした肌は健康的に見えますよね。
しかし!紫外線を浴びすぎると肌の老化が早まってしまいます。

実年齢よりも若々しく輝いた肌をした男前が欠かさないのがスキンケア日焼け止め
毎日、ほんの数分のケアで衰え知らずの男前肌を手に入れましょう。

【スキンケア】
男性の肌は皮脂が出やすいので、そのままにしておくとベタついて黒い汚れが毛穴に詰まります。
男性の肌は女性に比べてキメが粗いため、深いシワが出来やすい構造になっているんです。

余分な脂と汚れ洗顔で落とし、肌に必要な水分と油分を与えるベーシックスキンケアをしましょう。

【日焼け止め】
朝のベーシックスキンケア(洗顔→化粧水→乳液)のあと、UVケア効果があるミルクやクリームを顔に塗ります。
量は人差し指で軽く、大豆2粒程度でOK!
鼻の頭、両頬の高い位置にのせてから手のひら全体を使って顔の内側から外側に向かって塗ります。



5年後の美肌のために!焼けた後のアフターケア方法

炎天下の外回り、休日のレジャー、屋外スポーツから帰るといつもより顔が赤くなっていることがありますよね。

これは、紫外線を浴びて炎症を起こしているからなんです。
赤くなった肌は、軽度のヤケドと同じダメージを受けています。
このままにしておくと肌表面の乾燥はもちろんですが、肌の奥(真皮)の細胞が破壊されたままになってしまいます。

【アフターケア方法&アイテム】
洗顔はいつもより力を入れずに、炎症を起こした肌をやさしく扱うようにしましょう。
低刺激でサッパリタイプのスキンケアアイテムを使って、赤くなった肌を冷やすと炎症が治まりやすいですよ。
アロエ配合のジェルや、ビタミンC配合のアイテムがおすすめです。

UVケアを怠らず、いつまでも若々しい肌を手に入れましょう。

この記事をお友達にも教えよう!

  • twitterでシェア
  • LINEで送る
  • はてなブックマークでシェア

この記事の関連商品をチェック

この記事を見た人におすすめ

Category Ranking

ハピカナレポ
「日焼け・UVケア」ハピ♥ランキング

フォローして最新情報をチェック♪

Top of Page