こちらはスマートフォン専用のページとなります。QRコードを読み取り、スマートフォンからアクセスしてください。
顔のうぶ毛処理!正しい剃り方で美肌を手に入れよう
2015.05.31 更新

顔のうぶ毛処理!正しい剃り方で美肌を手に入れよう

顔のうぶ毛は女性の悩み。そもそも顔のうぶ毛は処理が必要なの??肌に負担なくうぶ毛を処理する方法を紹介します。

顔のうぶ毛って剃ってもいいの?うぶ毛処理のメリットとは

顔のうぶ毛は外気から肌を守る役割をしていますが、スキンケアで肌の保護ができる時代なので特に重要ではありません。

うぶ毛があることで顔が暗くくすんで見えてしまったり、化粧ノリが悪くなる原因にもなります。
処理をすると肌が一段明るく見える、肌表面の古い角質の処理もできるなどメリットが多いです。

顔のうぶ毛って剃ってもいいの?うぶ毛処理のメリットとは

間違った処理は肌を傷つける原因に!NGな剃り方

うぶ毛処理でやりがちなNG行為を確認しましょう!

毛抜きを使う
毛抜きで処理をすると毛穴が開いてしまい炎症を起こすことがあります。うぶ毛処理にはL字型のカミソリを使用しましょう。

生理中や肌荒れをしているとき
肌が敏感な生理中や肌荒れを起こしているときはカミソリ負けをおこしやすいので控えましょう。

お風呂場での処理
お風呂場でついでに剃る方もいると思いますが、洗浄料で剃ることで肌に必要な角質まで奪われ乾燥を招いてしまいます。 また湿気の多いお風呂場ではカミソリに雑菌が付いたりサビてしまう原因にもなります。

毛の流れに逆らってカミソリをあてる
肌に必要な角質まで取れてしまったり、肌にカミソリが引っかかって傷つけてしまうこともあるので毛流れに逆らった剃り方はNGです。

正しいうぶ毛の剃り方

うぶげ処理の頻度や肌を傷つけない正しい処理方法を紹介します。

処理の頻度
顔全体は3~4週に1回のペースがベストです。
処理のしすぎは肌を傷めてしまうので気を付けましょう。
やっかいな鼻の下や口周りのうぶ毛は週に1回処理をしましょう。

①処理を行う前
メイクをしっかり落とし、シェービングクリームをたっぷりつけます。
シェービングクリームが無い場合は乳液で代用してもOKです。
※洗顔料やボディソープをつけて剃るのはNGです。肌へのダメージが大きく乾燥を招いてしまいます。

②剃り方
カミソリを持たない方の手で肌を軽くひっぱりながら、毛の流れに沿ってカミソリを動かします。
※1度剃った部分にもう1度カミソリをあてるのはNGです。
角質層を傷つけてしまい肌トラブルを引き起こしてしまうことも。

処理後
コットンやタオルでクリームを拭き取り、冷やしたタオルや氷水で肌を冷やします。

大切なのは処理後のアフターケアです。化粧水と乳液でしっかり保湿することが重要です。

正しいうぶ毛処理でワントーン明るい化粧のり抜群の美肌を手に入れましょう。

正しいうぶ毛の剃り方

この記事をお友達にも教えよう!

  • twitterでシェア
  • LINEで送る
  • はてなブックマークでシェア

この記事の関連商品をチェック

この記事を見た人におすすめ

Category Ranking

ハピカナレポ
「ボディケア」ハピ♥ランキング

フォローして最新情報をチェック♪

Top of Page