こちらはスマートフォン専用のページとなります。QRコードを読み取り、スマートフォンからアクセスしてください。
ダイエット・美肌に効果有♡ローフードダイエットはじめ方
2015.06.03 更新

ダイエット・美肌に効果有♡ローフードダイエットはじめ方

海外セレブたちも実践しているローフードダイエット。ダイエットはもちろんアンチエイジング効果もあるローフードダイエットのやり方やメリットを紹介します。

酵素がキーワード。ローフードダイエットとは?

ローフードは「生の食べ物」という意味です。
ローフードダイエットとは、加工してない生の食材を食べることを基本とした方法です。

ローフードダイエットのキーワードは酵素
タンパク質、炭水化物、ビタミンなど人間に必要な栄養を機能させるには酵素が必要です。
酵素は高温で処理をすることで失われてしまいまが、食材を生に近い状態で食べることで食べ物が持つ酵素を得ることができるのです。

ローフードダイエットの基本

ローフードダイエットの基本事項を紹介します。

【ローフードダイエットで食べていいとされている食材の条件】
・生の食材
・48℃以下の低温処理がされている食材
・酵素が多く含まれる発酵食品

【ローフードダイエットに適している食材】
・生の豆類
・果物
・野菜
・果物・野菜ジュース
・生の穀物(大麦、オーツなど)
・ナッツ類
・シード類
・海藻
・オイル
・ドライフルーツ
・発酵食品(納豆、味噌など)

徹底したローフードダイエットでは動物性食品をNGとしていますが、必ずしも守る必要はありません。
卵、魚、肉、乳製品は取り入れても大丈夫です。

【ローフードダイエットで食べてはいけない食材
・48度以上で調理されたもの
揚げ物、炒め物、煮物などは48℃以上で調理されるのでNGです。
・加工食品
 加熱処理がされていたり、添加物が入っていることでルールから外れます。
 

ローフードダイエットのメリット

酵素やビタミンを多く摂取することができるので、アンチエイジング効果美肌効果が期待できます。
内臓機能や代謝も高まるのでダイエットにもつながります。
ローフードであれば好きなだけ食べることができるので、空腹に耐えるのが苦手な方でもストレスなく取り入れやすいです。

ローフードダイエットのメリット

ローフードの注意点と冷え性・低血圧

加熱していない食材を摂ることで内蔵が冷えてしまうことがあります。
特に冷え性、低血圧の人にはおすすめできません。
また、食物繊維が豊富な食材を多く摂取するので胃腸の弱い方は要注意です。

ローフードダイエットを徹底しなくても「週に1日」や「週末だけ」など自分の体質に合わせた期間で行なったり、普段の食事にローフードを取り入れてみるだけでも効果はありますよ。

この記事をお友達にも教えよう!

  • twitterでシェア
  • LINEで送る
  • はてなブックマークでシェア

この記事の関連商品をチェック

この記事を見た人におすすめ

Category Ranking

ハピカナレポ
「サプリメント」ハピ♥ランキング

フォローして最新情報をチェック♪

Top of Page