こちらはスマートフォン専用のページとなります。QRコードを読み取り、スマートフォンからアクセスしてください。
香水の選び方の基本
2015.02.12 更新

香水の選び方の基本

香水ってたくさん種類がありますよね。かわいらしいパッケージでおもわずジャケ買いしたことはありませんか?
見た目が気に入っても、自分に合ってない香水を買ってしまったりつけて時間が経つと思っていた香りじゃなかったり。失敗したこともあるのでは?
ここでは香水の基本的な選び方を紹介します。

香水をつける目的を考える

あなたが香水をつける目的は何ですか?

・体臭を隠すため
・リラックスするため
・デートで異性を惹きつけるため
・清潔感を出したいため
・仕事で集中力を発揮するため
・センスをアピールしたいため

様々な目的やシーンがあると思います。

香水選びをする時は、はじめに目的を明確にすることが大切です。

自分がどう見られたいかを意識する

香水は、その人のイメージを印象づけるアイテムです。
自分のイメージに合ったもの、または目指しているイメージにはまるものを見つけましょう。

例えば、
さわやか・元気なイメージ・・・フルーツ、柑橘系の香り
大人っぽいイメージ・・・ムスクなど落ち着いた香り
セクシーなイメージ・・・オリエンタル系の香り
かわいい・可憐なイメージ・・・フローラル、甘めの香り

上記のような組み合わせを考えることができます。

自分のキャラクターを意識して香りを思い浮かべてみてください。

自分がどう見られたいかを意識する

香水を試す

香水びんのデザインやパッケージ、広告モデルからイメージに近いものを探すことはできますが、香りは感覚でしかわかりません。

実際に試して自分の体臭との相性や香りの変化をチェックしてみましょう。

まずお店で「ムエット」と呼ばれる香りをテイストする紙に香水をかけてかいでみます。何種類かかいでみて気に入りの香りを見つけましょう。
鼻から20cmほど離してチェックしてみてください。

次は気に入ったものを自分の肌につけてみます。
手首にスプレーし、1日かけて肌の上で香りがどのように変化するか確かめてください。
人の鼻は1度にたくさんの香りを試すと麻痺してしまいます。
1日2~3種類を目安に試してみましょう。

香水を試す

香りの変化を確認してから買いましょう

香水は
つけた瞬間~20分ほどのに香りをトップノート
2~3時間の香りをミドルノート
半日ほど残っている香りをラストノート
と呼び、3段階で香りが変化します。

自分にあう香りかはミドルノートで決めるとよいでしょう。
ラストノートは体臭と溶け合って最後に香る残香で、使う人のイメージを決定するものです。

香りには生活リズムや体調の変化も影響してきます。テイストして自分のイメージや肌と相談することが重要です。
あなたにぴったりの香りを探してみてください♪

香りの変化を確認してから買いましょう

この記事をお友達にも教えよう!

  • twitterでシェア
  • LINEで送る
  • はてなブックマークでシェア

この記事の関連商品をチェック

この記事を見た人におすすめ

Category Ranking

ハピカナレポ
「香水」ハピ♥ランキング

フォローして最新情報をチェック♪

Top of Page