こちらはスマートフォン専用のページとなります。QRコードを読み取り、スマートフォンからアクセスしてください。
肌から香りがにじみでる!イイ女の香り作り
2015.05.23 更新

肌から香りがにじみでる!イイ女の香り作り

香水のように強くないけれど、いつもふんわりといい香りがする女性。その秘密は香りの仕込み方にあります。イイ女のたしなみ!肌からにじみでる香りの作り方を紹介します。

ボディ用固形石鹸をお風呂と引き出しに!

身体を洗うときに良い香りのボディ用固形石鹸を使います。
入浴中に良い香りに包まれて癒されるのはもちろんですが、お風呂上がりにも身体からふんわり香るのが気持ちよいですね。

その香りを持続させるために、下着や洋服をしまっている引き出しやクローゼットにも同じ石鹸をいくつか置いておきます。
衣類にも同じ石鹸の香りが移ることで、香水を使っていないのにお風呂上りの香りが持続します。
香りつき消臭ミストよりもナチュラルだけど、香りの持続力が高いのが特徴です。

ボディ用固形石鹸をお風呂と引き出しに!

ボディクリームと練り香水でボディケア

お風呂上りの保湿で使うボディクリーム練り香水(ソリッドパフューム)を混ぜると、全身にやさしく香りが染み込みます。
練り香水は蜜ろうやエッセンシャルオイルなど、天然成分で作られたものが多くでているので保湿効果も期待できます。

練り香水は手のひらで温めながら広げて、そこに少しずつボディクリームを足して混ぜます。練り香水が分離しないよう丁寧に混ぜます。
そのまま塗ると香りが強かったり、ベタつきが気になる練り香水もボディケアと混ぜてしまえば軽やかになります。
上着を脱いだり動いたときにフワっと香るのは、オフィシャルなシーンで女性らしさと上品さを感じます。ヘアスタイリングのときに、トリートメントかわりに毛先につけるのも◎

ボディクリームと練り香水でボディケア

保湿後の肌に香水をなじませる

最後は香水をつけていないかのように香りをまとうテクニックです。

入浴後のボディケアで全身にボディクリームやボディミルクを塗ってお手入れをする際、最後に内腿に香水をワンプッシュ。
手のひらで上からプレスして肌になじませます。そのまま脚や腰などにもなじませていきます。

もともとの香水の香りが丸みをおびて穏やかになります。“良い香りのボディクリーム”を塗っているような仕上がりなので、身体を動かすと「どこから香っているのかしら?」と、わからない程度になります。

肌からにじみでるようないい香りの作り方は、眠る前のリラックスにも外出時のオシャレにも使えるのでシーンにあわせてお試しください。

保湿後の肌に香水をなじませる

この記事をお友達にも教えよう!

  • twitterでシェア
  • LINEで送る
  • はてなブックマークでシェア

この記事の関連商品をチェック

この記事を見た人におすすめ

Category Ranking

ハピカナレポ
「香水」ハピ♥ランキング

フォローして最新情報をチェック♪

Top of Page