こちらはスマートフォン専用のページとなります。QRコードを読み取り、スマートフォンからアクセスしてください。
冷えの原因って何?冷え性対策で美人体質を手に入れる方法
2015.03.20 更新

冷えの原因って何?冷え性対策で美人体質を手に入れる方法

「冷えは万病の元」と昔から言われるように、代謝が悪くなり体に老廃物がたまったり、ホルモンバランスが崩れてしまったり。お肌にも体にも良いことはありません。
あたためることが美への近道!
手軽に実践できる方法を集めたので今日から取り入れてみましょう。

冷えの原因を知る

寒いから体が冷えるのは当たり前ですが、原因はそれだけではありません。
・冷たい飲み物・食べ物
・薄着のファッション
・ストレス
・運動不足
他にも女性だからという理由もあります。
体から生み出される熱は筋肉から作られますが、そもそも女性は男性よりも筋肉がありません。
さらに月経の時は、お腹まわりの血流が悪くなり、熱が運ばれにくくなるのです。

冷えにおススメの食べ物は?

長ネギ、小松菜、しょうが、にんじん、大根、ごぼう、れんこんなど冬に採れ土の中で育つものは体をあたためてくれます。
トマトやキュウリ、ゴーヤ、キャベツ、レタス、しめじ、こんにゃく、わかめ、みかん、バナナなど夏に採れたり南の方で収穫されるものは体を冷やしてしまうので控えめに。
飲み物は常温以上にしましょう。
しょうがは体が温まることで有名ですが、できるだけ乾燥しょうがを摂取すること。生のしょうがは体の表面をあたためてくれますが、その後体を冷やす解熱作用があるので冷え性にはおススメできません。芯から体をあたためるのは乾燥しょうがです。
また、体を冷やす食べ物でも加熱したり発酵処理をすると体をあたためてくれる食べ物になります。全く食べないのではなく、工夫してバランスの良い食事をとりましょう。

 

ファッションでも冷え対策!

ファッション誌では冬でも手首や足首が露出していたり、素足にパンプスをはいているオシャレで薄着なモデルさん達。美意識の高い彼女たちはプライベートで体を冷やすような服装をしないようにしています。
マフラーや手袋、靴下やレッグウォーマー・ブーツなどで「首」という名前がつく体のパーツを守ることが暖かい服装のポイントです。

ファッションでも冷え対策!

リラックスして心も体も温める

ストレスがたまると交感神経が緊張してしまい、血管が収縮・血流が悪くなって冷えにつながります。
そんな時ゆっくりお風呂に入ってリラックスするのがおススメ。
シャワーではなく、38度前後のぬるめのお湯にゆっくりとつかり、体を芯から温めましょう。
また、運動をして血行を良くすることも効果的です。特に末端冷え性の人は体を動かすことが改善への近道です。

体を温め、血行がよい上気肌の健康美人を目指しましょう。

リラックスして心も体も温める

この記事をお友達にも教えよう!

  • twitterでシェア
  • LINEで送る
  • はてなブックマークでシェア

この記事の関連商品をチェック

この記事を見た人におすすめ

Category Ranking

ハピカナレポ
「ボディケア」ハピ♥ランキング

フォローして最新情報をチェック♪

Top of Page