こちらはスマートフォン専用のページとなります。QRコードを読み取り、スマートフォンからアクセスしてください。
目元を変えるだけでハーフ顔になれる!簡単メイク方法
2015.05.10 更新

目元を変えるだけでハーフ顔になれる!簡単メイク方法

モノマネメイクで有名なざわちんは目元だけでなりたい顔を表現する達人!目元のメイクを変えるだけで憧れのハーフ顔になれる簡単メイクを紹介します。

濃いメイクが正解じゃない!薄色アイメイクでハーフ顔に!

グラデーションで彫りを作るぱっちり大きな目だけがハーフ顔メイクではありません。
どことなく、淡くてツヤのある目元を作る“薄色”を取り入れたハーフ顔メイクに挑戦してみましょう。

【アイシャドウ】
ツヤがあり光りを含んだアイシャドウベースを塗ります。
発色が控えめなピンク・ベージュをアイホール全体に塗ります。くすみを隠して次に塗るアイシャドウの色持ちをよくするだけではなく、粘膜のような潤みがある瞳に近づけます。

基本色となるアイシャドウは上下まぶたに塗ります。
少し影を作るくらいの淡いブラウン・ベージュ・ピンクブラウンがおススメ!
下まぶたの涙袋部分にもしっかりと塗ってくださいね。上下まぶたのアイシャドウを目尻でつなぎます。
目尻部分には1段階濃いアイシャドウで影をつけると、しっかりと丸みを帯びた“アーモンドアイ”に見えますよ。

【アイライナー】
アイライナーはブラウン・ピンクブラウンで「いかにも描いていない」ように見せるのが◎

上はまつ毛の隙間を埋めるように描きます。
目頭はインラインに薄くブラウンアイラインを仕込むことで、やさしげながらも目元がはっきりと見えます。目尻側のアイラインはまつ毛のキワから少し下のアウトラインに描きます。

【マスカラ】
上向きにカールしたまつ毛にブラウンのマスカラをたっぷりと塗りましょう。
目元全体が薄いブラウンで統一されて、薄色だけど奥行のある目元の完成です。
 

濃いメイクが正解じゃない!薄色アイメイクでハーフ顔に!

眉メイクで立体顔を手に入れよう

外国人眉の特徴は目との距離が近いこと。
細眉にするより、眉下にアイブロウパウダーで太さを足して太眉にしましょう。

【眉毛を書き足す】
眉間もポイントです。
眉と眉の間が離れていると平面が強調されてしまうので、眉頭をアイブロウパウダーで書き足します。立体的で凹凸のある眉に近づきますよ。

【眉毛の仕上げは眉マスカラ】
1~2段階明るい色の眉マスカラを使うことで、色素が薄く見えて肌の透明感が際立ちます。
ここで髪の毛の色と顔色のバランスを調整も調整できます。暗すぎず、明るすぎない色で迷ったときはベージュに近いアッシュ系カラーが便利ですよ。

薄色ハーブ顔メイクは、いつものメイクより工程が少なくて時短になるかも!?
メイクがマンネリ化している方も印象を変えて楽しむために、ぜひ試してみて!!

眉メイクで立体顔を手に入れよう

この記事をお友達にも教えよう!

  • twitterでシェア
  • LINEで送る
  • はてなブックマークでシェア

この記事の関連商品をチェック

この記事を見た人におすすめ

Category Ranking

ハピカナレポ
「メイク」ハピ♥ランキング

フォローして最新情報をチェック♪

Top of Page